ブログトップ

岡山県渋川青年の家Blog (渋ログ)

海事研修 9月28日

本日9月28日は、今週入所枠の最終日です!昨日入所の4校が地引き網をおこないました。今回は地引き網の中での研修生の活動について見ていくことにしましょう。

f0202368_16125712.jpg
グラウンドでの説明/網手繰りの師範の様子です。1日目の研修で身につけた「話を聞く姿勢」を崩さず、網手繰りのやり方を事前に学びます。一点に集中して聞き続ける・見続けるという行為は、安易に思えてこれがなかなか重労働です。しかし、非常に重要なスキルですので、研修生たちには是非身につけて学校に戻ってほしいと思います。
f0202368_16163628.jpg
遊歩道での整列/学校やクラス・男女の別なく、来た順番で素早く4列に並びます。努力目標に掲げられている「だまって速くならぶ」を本気でやる時間です。まごまごしていると、青年の家の先生から容赦のない檄がとぶので一瞬たりとも気が抜けません。
f0202368_1625426.jpg
紅白に別れての網引き/先程、遊歩道に並んだ4列の研修生は、紅白2列ずつに更に別れて浜に移動し、地引き網の両端のロープを引いていきます。学校ごとの垣根を超えた「協力」と「友情」が求められる活動です。しっかり先生の話を聞いて、自分の動きを判って行動しないと周りの人の動きを邪魔してしまいます。
f0202368_16363263.jpg
網手繰り/この活動も網引き同様に、説明をよく聞き自分の動きを判って行動することが肝要です。隣あった「友だち」とタイミングを合わせて網を手繰らなければ上手く網を纏めることは出来ません。動作に乱れや遅れがあると厳しい指導が入るので、研修生たちはピンとした緊張感に常に包まれています。

青年の家職員による獲物の話/以上の厳しい活動を全て(通常これを、前後半2回通りおこないます)終えると、いよいよ青年の家の先生から、楽しくて非常にためになる獲物の話を聞くことが出来ます。
f0202368_16532925.jpg
f0202368_1653529.jpg
ここまでのことを約350人でやってとれた今日の獲物はコノシロ、セイゴ、ウマヅラハギ、トラフグなど。あまり豊漁というわけではありません。
けれど、このことから研修生たちは魚たち、引いては我々人間たちを取り巻く環境とその変化について学習しました。真剣な表情で話を聞く研修生たち。地引き網を含め、この海事研修で学んだことをそれぞれの地域で活かしていってほしいと青年の家の先生たちは願ってやみません。
ともあれ、皆さんお疲れ様でした!!土日でしっかりリフレッシュして、また月曜日、頑張りましょう!!!
[PR]
by shibukawa-yc | 2012-09-28 17:10 | 海事研修 | Comments(0)

渋川海岸から望む美しい瀬戸内海の様子や、元気な研修団体の活動、青年の家の楽しい主催事業などなどリアルタイムでお知らせします!!